≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大空に輝く光 何処か-JHON=DOE- 

「あーあ、せっかくの殺し合いおたのしみだったのになぁ。神サマのクソ野郎め」

 【帰還の法】により転移したエコマは開口一番に不平をもらした。
 スクロールを渡して指令を与えた張本人、ラクスマン・クレヴァーは憮然とした表情で、

「……曲がりなりにもお前は女で『王族ロイヤル』なのだ。もう少し慎む事を覚えろ」

 そう呟くも、エコマの耳には入らないだろう。
 そもそもあれはそういう女だ。

「その様子だと予想はつくが……首尾は?」

「上々ッス。アレなら少しも待たない内にあっし好みの戦士になりそうで楽しみッス」

「そうではない」

 ラクスマンは苛立ちを隠そうともしなかった。
 それでもエコマは一切動じず、

「あー、もう『属性』の強化は始まってるみたいッス。
 もう一歩ってところで雨に降られました。腹立ちますねアレ」

「そうか。
 それならしばらくは問題なかろう、ご苦労だった。

 やはりお前を行かせて正解だったようだ。
 お前の並外れた『感知』がなければ、軌道修正が面倒な事になっていただろうからな。
 ……おっと」

 ラクスマンの視界の端に、不満顔のエコマが映った。
 今更ながらに思い出したが、エコマは自身が持つ突出した感知能力【流水感知】を恥じている節がある。
 川や海の位置、雨の降り始めを感知する程度の地味な能力――とはいえ、それらを致命的な弱点とする吸血鬼にとってはそれなりに重要な力ではある――は、戦いを至上とするエコマにはつまらないのだろう。

「……ま、いいッス。
 その程度の能力しか得られなかったのはあっしの力不足ですし。
 これからコヨーテさんがどんなチカラを手にするか、ワクワクしますね」

「確かに現時点での能力面で見ればコヨーテに特異性はない。
 これから何を開眼するか分からない、という論も最もだ。
 

「ふぅん? やけに言い切りますね。何か確証でもあるんスか?」

 ラクスマンは顔を強張らせて、呟くような声で語る。

「……覚えておくといい。『組合』にはがいる」


 ここでないどこか。
 運命を操る魔物は観測する。
 自らが操縦する運命と、そこに生きる彼らを。

 闇にあって輝きを増す光は少しの問題もなく順調に道標を辿っている。
 身を焦がす速度で闇を駆ける光には軽度のブレを観測、許容範囲内での修正を行う。
 己が輝きで闇を切り裂く光は相変わらずだが、そろそろ次のフェイズに移行すべきだろう。

「……、」

 その傍らに寝転がる少女もまた観測する。
 少女は運命を操る事はできず、見る事もできない。
 しかし彼女は観測する。

「楽しいわ」

 少女は呟く。
 運命を操る魔物は一瞥もくれず、観測を続ける。

「あなたはどうかしら?」

 少女はにんまりと年相応の笑みを浮かべる。
 彼女の無邪気な瞳の奥に狂気の色が浮かんでいる事を知る者は、運命を操る魔物の他には存在しない。

 運命を操る魔物は、彼女の発言が自分に向けられているものではないと知っている。
 彼女が見ているのは観測対象だけだ。

 彼女の観測対象は、自らがそうなっているとは知る由もない。
 観測対象の成り行きに手を加えられるのは運命を操る魔物をおいて他にない。
 しかし、それでも少女は満足だった。

 知らないからこそ素が出る。
 手を加えられないからこそ予想外が起こる。
 さながら奇妙な演劇を見ているようで、胸が躍るからだ。

「――楽しいわ」

 繰り返し、少女は呟いて観測を続ける。
 観測対象たるを、ずっとずっと観ている。



【あとがき】
今回はSS風味に仕立ててみました。
基本的には『月歌』と『星』と『陽光』の交流がテーマです。
他は和気藹々と(?)やってるのにコヨーテだけなんか別世界にいる感じがしますね。

物語の根幹に関わる重要人物は結構出せました。
シルエットのみの存在が何名かいますが、一応『出て』はいます。
『大いなる日輪亭』の冒険者は残念ながら全員出せなかったのが心残りです。
彼らも決して蚊帳の外という訳ではないのですが……やっぱりヒロインたちも一話ごとに分けるべきだったかな。
(でもそれやると二一話が果てしなく長くなってしまうし……)


☆今回の功労者☆
レーヴァティン。パワーアップしたし今後にも期待です。

報酬:
賞金(100sp)×9 総計:900sp
傷の手当て(-50sp)×1

打ち直し-1000sp(魔剣工房)
【鉄塊】→【ロングソード】 

ポイントトレード:【アーシウムの赤】(地図作製組合)

購入:
【蒸留酒】-200sp(魔術の都トレアドール)
【サクランボ酒】-100sp(魔導都市マサカ)
【紅の果実酒】-105sp(新港都市ポートリオン)※割引券使用
【葡萄酒】-70sp(新港都市ポートリオン)※割引券使用

使用:
【蒸留酒】
【サクランボ酒】
【紅の果実酒】
【葡萄酒】
【高級葡萄酒】
【アーシウムの赤】


銀貨袋の中身→1722sp


≪著作権情報≫
今回プレイしたシナリオ
『闘技都市ヴァンドール』(レイ様)
『アタノオル』(SIG様)
『魔剣工房』(Djinn様)
『魔術の都トレアドール』(Boy様)
『魔導都市マサカ』(オサールでござ~る様)
『新港都市ポートリオン』(Moonlit様)
『地図作製組合』(CWGeoProject様)

当リプレイはGroupAsk製作のフリーソフト『Card Wirth』を基に周摩が製作したリプレイ小説です。
著作権はそれぞれのシナリオの製作者様にあります。
また小説内で用いられたスキル、アイテム、キャスト、召喚獣等は、それぞれの製作者様にあります。

スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

周摩

Author:周摩
しがないリプレイ書きのブログです。

Info.
当ブログはリンクフリーです。報告は不要ですが、あれば相互リンクさせていただきたいと思います。

周摩のシナリオはこちらへどうぞ。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。